医院へ電話する 医院へ電話する
メニュー
大阪上本町の歯医者、YUMI Kids Dental Clinic 旗
 
 

小学生高学年の診療

むし歯を放置することの悪影響

細菌が血流に乗って全身の病気を引き起こす

小学校の高学年になると、学校だけでなく、塾や部活なども忙しくなり、お口の環境も乱れがちとなります。むし歯になっても治療を受けずに放置してしまうケースも珍しくありません。すると、お口の中でむし歯菌が繁殖し、血流に乗って全身へと巡ることがあるのです。その結果、敗血症を引き起こしたり、全身の発育にも悪影響を及ぼしたりすることがあるため注意が必要です。全身的な病気としては、心内膜炎、腎臓病、リウマチ性関節炎などが挙げられます。

詰め物や被せ物が取れたらすぐに歯科を受診すべき理由

過去に装着した詰め物や被せ物が外れたら、すぐに歯科を受診しましょう。銀歯をはじめとした補綴物というのは、歯の形にぴったりはまるように作られているため、外れるということは、歯や銀歯に何らかの異常が生じている可能性が高いです。最も一般的なのは、むし歯の再発です。銀歯の下がむし歯になって、再び歯質が溶け始めているのです。ですから、すぐに処置を受けなければ、むし歯の状態は悪化します。その際、外れた詰め物や被せ物は、捨てずに持参してください。状態によっては、作り直さずにそのまま使えるケースもあります。

歯が欠けたり抜けたりした時の対処法

1分でも早く受診する

転倒などによって顔面を強打し、歯が欠けたり抜けたりした場合は、受傷後すぐに歯科を受診してください。歯科に到着するまでの時間が早ければ早いほど、歯を元の位置に戻せる可能性が高まります。ただし、以下の点に気を付ける必要があります。

歯を乾燥させない

歯の根っこには、歯根膜(しこんまく)と呼ばれる組織が付着しています。この歯根膜は、歯と歯槽骨とをつなぐ重要な組織ですので、歯が抜けた際にはできるだけ生きた状態を保つ必要があります。具体的には、歯が乾燥するのを避けてください。受傷から歯科を受診するまでの間、歯と歯根膜が乾燥しないよう、保存液に浸ける必要があります。

牛乳に浸けて歯を保存する

歯を保存するための薬液は手に入りにくいので、牛乳に浸けるのが最も簡便です。牛乳は、私たちの体のpHに近い性質があるため、歯の保存に適しているのです。牛乳がない場合は、お口の中に含んでおいても構いません。お口の中は唾液で満たされていますので、歯が正常な状態でいられる環境が保たれているのです。

歯をブラシなどで洗わない(軽く水洗する程度なら良い)

欠けたり抜けたりした歯が汚れている場合、軽く水洗しても構いません。歯の周囲に砂やゴミなどが付着していると、歯の保存状態を悪化させます。ただし、手やブラシを使ってゴシゴシと洗うようなことは避けましょう。消毒薬を使用するのも好ましくありません。そういった処置を施すと、歯根膜の細胞が死んでしまいますので要注意です。

矯正治療をはじめるのに適切な時期とは

小学校の高学年では、いよいよ本格的に矯正治療を検討する方も増えてきます。そこで気になるのが矯正治療をはじめる時期ですよね。

個々人によって大きく異なる

矯正治療は、歯並びの異常を治す処置ですので、どのような治療法を採用するか、また、治療をはじめる時期も個々人によって大きく異なります。骨格的に大きな問題がある場合は、小学校の高学年よりもっと前から治療を開始することもありますし、軽度の歯列不正であれば、中学や高校に入ってからでも遅くはありません。大切なのは早めに一度、小児歯科や矯正歯科を受診して、治療の必要性を判断してもらうことです。

前歯が永久歯に交換した時期が目安

一般的な矯正では、前歯が永久歯に交換した時期が治療開始の目安となります。乳歯と永久歯が混在した混合歯列期(こんごうしれつき)に、適切な矯正処置を施すことによって、きれいな歯並びを獲得することが可能です。

矯正装置が痛い時の対処法

矯正装置は、ブラケットやワイヤーなど、異物感の大きい部品を使用しているため、不快に感じるお子さんも少なくありません。そういった異物感や不快感は、徐々に慣れていくものですが、痛みを感じている場合は要注意です。装置自体に異常があるか、お口の中に異常が生じている可能性もありますので、すぐに歯科を受診しましょう。

ちなみに矯正装置には、お子さん自身が取り外せる着脱式のものと、取り外すことができない固定式のものとがあります。ですから、着脱式の矯正装置であれば、痛みが強い時に取り外すことをおすすめしますが、固定式は無理に取り外さず、歯医者の判断に任せるようにしてください。

お気軽にお問い合わせください

06-6710-4182

【平日】10:00~13:00/14:15~18:30
【土曜】9:00~13:00

日曜・祝日は休診日

  日祝
こどもの診療 - - -
大人の診療 - - - -
小児矯正 - -

…土曜は週によって小児と大人の診療日が変わります。
お電話もしくは、ホームページ右上の「WEB予約」から確認できます。

…月に1回、矯正専門医による治療

06-6710-4182

近鉄大阪線・近鉄奈良線「大阪上本町駅」徒歩3分

地下鉄千日前線・谷町線「谷町九丁目駅」徒歩3分

大阪府大阪市中央区東平2-2-23 2F

ページトップへ